海底貯蔵場所のご案内

錦江湾の魅力

錦江湾(鹿児島湾)は、鹿児島県の薩摩半島と大隅半島に挟まれた南北約80km、東西約20kmの細長い湾です。湾の中央部には世界的な活火山であ桜島が位置しています。日本百景に選定されています。※本来の名称は鹿児島湾だが、錦江湾という呼び方が浸透しています。

錦江湾は、火山の噴火でできた海で、29,000年前に起こった巨大噴火の時、現在の錦江湾奥部で巨大噴火が起き、大量のマグマが噴出して地下が空っぽになり、地表が崩れ落ちてへこみました。こうしてできた巨大な穴が姶良カルデラ(鍋)です。最初は陸地でしたが、やがて海水が入り込み、湾全体の平均水深は117m、もっとも深いところは水深237mもある錦江湾となりました。(湾としては日本一の水深です)内湾でここまでの深さを有するのは世界的にも珍しく、湾の底層には「たぎり」と呼ばれる火山性ガスの出る場所があり、鹿児島湾固有の“サツマハオリムシ”、“タギリカクレエビ”など珍しい生物が生息しています。

また、黒潮の一部が湾内に流れ込むため、桜島南岸にはサンゴが生息し、常時2~300頭のイルカが定住・回遊しています。また、2011年6月には湾奥の福山沖でザトウクジラが、7月には磯海水浴場でウミガメの上陸が確認されています。湾奥沿岸には絶滅危惧種である、クロツラヘラサギの渡来地などもあり、錦江湾には多種多様な生き物が生息しています。

錦江湾で一番獲れる天然魚はマダイです。3月、4月の太っている時が一番脂がのって美味しく、この時期の春に獲れる錦江湾で獲れるマダイはサクラダイと呼ばれています。全国的にも錦江湾のマダイは有名です。養殖もが盛んで、とりわけブリとカンパチの養殖は全国一。エビやタイやマグロも養殖しています。

参照:錦江湾INFOMATION

 

ページ上部へ戻る